Wordpress

キーワード選定が苦手な初心者必見!無料キーワードツールを使わないと損しているかも!

2020年7月3日

キーワード決めるのにいつも悩んでいる …

キーワードを決めるのに役に立つツールがあれば知りたい

 

今回はブログ記事を読まれるために必須となる「キーワード」を決めるのに役に立つツールをまとめてみます!

☑この記事は以下の内容で構成しています

  • キーワードの検索ツール
  • キーワードの出現率ツール
  • 共起語ツール

 

どんないい記事でも始めたてのブログはなかなか検索上位に表示されにくいんです。

そのためしっかりと検索されそうな「キーワード」を見極めタイトルに盛り込み内容に使用する事で読まれる記事を作るための第一歩になります!

 

無料キーワード検索ツール

無料キーワード検索つツールは以下の2サイトを使用します

流行のキーワードを抑えることでPV数の向上を期待できます。

キーワード検索ツールの使用は必ず実践することをおススメされている。

 

検索結果の上位に表示されるには必ずSEO対策がかかわってくるんです!
いばらさん

 

キーワード検索ツールを使用することにより”どのようなキーワードがよく検索されいるのか"が分かります。

自ずと”どのようなキーワードで検索してほしいのか”を考えて記事を作成する際の目安になります!

 

記事に対してキーワードの入れ方

キーワードを決めたら記事に散りばめていきます。

 

ポイント

あまり多く入れすぎると逆にSEO的に評価が悪くなってしまうので、適度を意識しましょう

 

✔ブログ記事に対してキーワードは全体の5~8%程度を目安に盛り込む

 

うさお
入れすぎないように注意しててもいちいちキーワードを数える時間は勿体ないよー

 

自分のブログにのキーワードが何回使われているか「キーワードの出現率」を調べてくれる便利ツールを使用していきましょう。

 

キーワードの出現率をチェック

キーワードの出現率とは記事内でどのキーワードが何回使用されているか、多く使用されているかということを指します。

 

ポイント

質の高い記事を書こうと意識したところでまず最低限の「キーワードを盛り込む」という作業を行わなければ上位表示させることは永遠に難しいと言えます。

検索エンジンはその記事の内容とタイトルでどのような記事が書かれているか認識します。

 

✔キーワードが少なすぎると何の記事なのか検索エンジン側も認識しにくくなります。

 

 

キーワード出現率を調べる便利ツール

ファンキーレイティング [FunkeyRating]

 

キーワードを同時に3つ設定できチェックを入れるだけで調査が可能なキーワード出現率ツールです。

解析結果により出現率が高い順から表示されます。

キーワード出現率を調べる時に重要視する要点は以下の3点です。

  1. 狙っているキーワード出現率を5%~8%にする
  2. 解析結果により意味のない代名詞や表現は削除し使用しない
  3. 狙っているキーワードは一番使用する

以上の事を念頭に置きキーワード出現率ツールを賢く使用していきましょう。

 

共起語とは?

キーワードの補助的役割を担う言葉です!

参考

紹介したい商品「クーラー」だとすると

共起語はクーラーを説明する上で必要な言葉になります。

例:「温度」「節電」「メーカー」

といったクーラーというキーワードを説明する上でなくてはならない補助的キーワードを共起語といいます。

 

✔キーワードと共起語は同じくらい大事

 

ただし難しく考えなくてOKなんです!
いばらさん

 

共起語は主としいるキーワードの補助的なキーワードのためそもそも意識しなくとも同じ記事内で一緒にされやすいんです。

 

✔キーワードを決めれば自然と共起語は決まってきます

 

共起語を調べる便利ツール

 

効率的な調査の仕方として上記の共起語調査ツールの使用をおススメします。

ツールで調べた共起語の全部を無理やりに使うのはNGです。

覚えてきたいのは以下の3点です。

  1. 共起語を無理やりに記事に使用しない
  2. 記事の内容やキーワードと関連性が低い共起語は使用しない
  3. ツールに基づいた共起語の表記で使用する

 

✔本当に自分の記事になくてはならない共起語なのか必要ないのかを見極めなければならない

 

”おススメ:お勧め:おすすめ”と一つの言葉でも表記の仕方が異なると検索結果は変わってきます!
いばらさん

 

共起語は何のためにいるのか

簡単な話で検索上位に表示させることが目的です。

記事の内容をより詳しいものとしてくれる役割を持つのが共起語なんです。

共起語が一切ない記事は検索した人が知りたい情報を詳しく書かれていないサイトとみなされます。

 

注意ポイント

ただ単に共起語を使用すれば上位に表示されるというわけではなく

キーワードと共に共起語を使用しきちんと説明できていないと記事としては評価がされません!

 

まとめ

今回はブログ記事に役立つキーワード検索ツールについてまとめてきました。

キーワードの決め方を誤ると全く検索されないという事もあります。

以下の3点の事を意識する事でキーワード選定が捗ります。

  1. キーワードの検索需要を知っておく、トレンドキーワードを知っておく
  2. キーワードは記事内に盛り込みすぎず少なすぎず入れていく
  3. キーワードを詳しく説明するような共起語を選んで入れていく

なかなかキーワード選定って上手くいかないですよね!私もまだまだ研究中なので一緒に頑張っていきましょう(*'▽')

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

-Wordpress
-

© 2020 IBARAのMITI